今回の目玉は42万円の水上バイク―今年度第4回目のインターネット公売

国税庁が1月24日、平成22年度第4回インターネット公売を開始しました。今回は小型船舶や自動車などで掘り出し物が出品されています。

今回のインターネット公売には、12国税局48税務署が参加。出品される物件は、小型船舶や自動車、陶磁器、絵画などの動産が225件、不動産105 件、ゴルフ会員権4件といった状況です。注目されているのは、水上オートバイク(KAWASAKI・JET・SKI・ULTRA250X、見積価額 420,000円)、外車BMW-M3(平成14年型、見積価額1,750,000円)、日本画「高野山御影堂の図」(笠 青峰作、見積価額 360,000円)などです。
公売の日程は、参加申込期間が平成23年1月24日(月)13時から2月3日(木)17時までで、買受申込期間は平成23年2月10日(木)13時から2月14日(月)13時までとなっています。
そして、最高価申込者の決定日は平成23年2月16日(水)10時。買受代金の納付期限が平成23年2月28日(月)14時です。
今回のインターネット公売も一般競争入札で決定したヤフー株式会社が運営するオークションサイト(官公庁オークション)で行われますが、この官公庁オークションサイトは1月24日13時から公開されています。

このページのTOPへ