医科・歯科経理は特殊?

医科・歯科の経理はそんなに難しいか

A.
経験的には、医業・歯科業といっても、書物や世間で言われているような難しい処理や、税務上極めて高いリスクは、ほとんどの開業医師や歯科医師の診療所 (クリニック)ではあり得ない話です。まあ大規模な医療法人で多くの病床を有する病院は、当事務所のHPの趣旨ではありませんので、詳細は省略させて頂き ますが、おおむね下記のようなポイントとなります。経理技術的には、窓口収入の区分ができてさえいれば、あとは税理士が計算するだけです。

【1】社会保険診療報酬の所得計算の特例(租税特別措置法第26条)

1.
社会保険診療報酬が年間5,000万円以下の場合に、一定の経費率で計算した必要経費と、実際に計算した必要経費の有利な方を選択できるという制度です。
2.
ただ、現在の開業されている医師や歯科医師で、社会保険診療報酬が年間5,000万円以下というのは、失礼ながらあまり見かけませんし、制度 ができたころと経済計算も変わっていますので、経験的には実額で計算した方が有利な場合が多く、これも税理士が自動的に有利・不利を選択するだけのことです。

【2】事業税における社会保険診療報酬に係る非課税措置

1.
利益(所得)のうち、社会保険診療報酬に対応する部分は非課税とする制度です。
2.
これも収入全体に占める社会保険診療報酬の比率を税理士が計算するだけで、相当の事務負荷をかけて、先生方に詳細に集計して頂いても、事業規模にもよりますが、しょせんは数千円も差額がでないというのが経験的な実感です。